介護のアルバイトを探そう 介護のアルバイトを探そう 介護のアルバイトを探そう

image介護者と話しながら対応する会話力がアルバイトにも求められます

アルバイトの志望動機は重要です。介護のアルバイトの志望動機を伝える場合、単にお金を稼ぎたいなどの待遇などの理由を伝えないで、働きたい理由を自分自身の言葉でアピールする事で採用担当者に良い印象を与えやすいです。作業者の一員としてお金を貰う立場なので、責任のある対応でアピールする事が普通です。近年は各企業がアルバイトの働く質を高く求めてる傾向で、飲食店や小売業なんかでも具体例を掲げながらの志望動機が求められます。

image


面接の前に勉強しておく事が重要で、決してマニュアルにかいてある事を丸暗記して、面接などで言わないことが原則です。採用基準は正社員よりもそれほど高くはないので、難しい言葉を出さなくても良いので働く意欲を全面的にアピールしましょう。採用係の人に伝達する場合の話の時間は最大でも1分以内に留めておいて、やたらと長く話さない事を心掛けます。採用につながるような伝え方を心掛けて、できるだけ聞いて納得の行く伝え方が望ましいです。


アルバイトの志望動機を言う場合に気をつけるべきは、採用担当者に伝わるようにはっきりとした言葉で話を展開する事です。どんなに良い内容の話であっても、はっきりと聞こえないような喋り方では印象が良くないです。特に介護のアルバイトを志望する場合には、介護者と話しながら対応する能力が求められます。アピールする際に話の内容よりも、バイタリティがあるかどうかが採否の要点になりやすいです。

アピールする時の声の調子に関しては、適度なトーンを保てるように意識します。高くなりすぎてもかえって印象が良くないので、発生トーンを標準にするように意識をしながらしっかり話を伝えます。

履歴書に志望の動機を書き入れる際、曖昧な内容やマニュアルの書き写しだけは出来るだけ避けて、自分の言葉で伝わるように書く事が大事です。小さな文字はかえって採用担当者に読みにくいため、読みやすくて丁重な文字を書く事を心掛けて、どうして仕事をしたいのかなどを要所に纏めながら、最大限に端的に書くのが望ましいです。